EXHIBITION PHOTOGRAPH Andreas Gursky

Andreas Gursky / -2014 - Kunstmuseum Wolfsburg(Dubai)

クンストミュージアム Spuren der Moderne - 2014年

現代性を追求する若い都市ドイツ・ヴォルフスブルグのKunstmuseum20周年企画のひとつ“Supren der Moderne(現代の痕跡)”のポスター。使用されているのはAndreas Gursky“Dubai World III, 2008”。ドバイの人工の島々を撮影した写真で、“World”は巨大リゾート地の名であり、島々を模様のように感じさせるAndreas Gurskyならではの作品です。

※フレームの仕様が木製のホワイトフレームに変更いたしました。
※こちらのポスターはフレームが受注生産のため、ご注文いただいてから発送まで2週間ほどお時間をいただいております。

Andreas Gursky
アンドレアス・グルスキー (1955 ~ ) 東ドイツ・ライプツィヒ生まれ。幼少時に西ドイツに移住。1977年から1980年まで、エッセンのフォルクヴァング芸術大学にてヴィジュアル・コミュニケーションを専攻し、1980年から1987年まで、デュッセルドルフ美術アカデミー写真科に在籍し、写真会の巨匠ベルント&ベラ・ベッヒャー夫妻に師事。 1980年代後半から作家活動を開始し「ベッヒャー派」の一人としてその名を知られるように。パノラミックな視点からとらえた巨大な写真が有名。2012年11月に撮った写真「ライン川 II(RehinⅡ)」が430万ドル(約4億3000万円)で落札され、地球上に存在する写真の中で史上最高額の値段が付けられた。2010年より デュッセルドルフ芸術アカデミーの自由芸術学科を担当している。
※サイズが大きいためヤマト便での取り扱いとなります。そのため、時間指定と代金引換をご利用いただけません。あらかじめご了承ください。
※別途送料がかかります。
ポスターの掛け方はこちら>>
To Our Overseas Buyers>>

H872mm×W624mm×D24mm
¥0(税込)

完売
sold out
back to index