Hans/Jean Arp Schloss Gottorf - 1999

H860mm×W610mm×D29mm

0

ドイツ北部シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州にあるSchloss Gottorf(国立シュレスヴィヒ博物館)にて1999年夏に開催されたHans/Jean Arpによるkorrespondenz der formen展ポスター。

アルプらしい曲線と、黄色と赤がとても鮮やかでサイズも大きくとても存在感が感じられるポスターです。フレームにはこの二色をより引き立たせるために黒い額縁をセレクトしました。

Hans Arp<1886年9月16日 – 1966年6月7日>
フランス・ドイツ出身の彫刻家、画家、または詩人。国境の町ストラスブールでドイツ占領時下に生まれ育ったため、フランス名 Jean とドイツ名 Hans の両方を持つ。美術学校での伝統的な教育に反し、パリやドイツ、スイスへと移り住みながら、詩作と共に前衛的な独自のスタイルを模索し続ける。シュルレアリスムに傾倒し、彫刻作品を数多く残している。