LARRY RIVERS Retrospective HONNOVER BERLIN München 1980

H868mm×W600mm×D21mm

0

1980年にドイツのハノーバー、ベルリン、ミュンヘンで開催されたラリー・リバーズの回顧展ポスター。

LARRY RIVERSはアメリカのアーティストで、ミュージシャン・映画監督・そしてたまに俳優として幅広く活動していました。日本で『ジャズの帝王』と呼ばれているマイルス・デイビスとは音楽学校時代からの旧知でマイケル・デイビスが亡くなるまで長きにわたって親しい間柄であった。

LARRY RIVERSは抽象表現者として活躍し、彼の作品は優れた素描、色の微感覚、そして複雑で断片的、それでいて複数の風景画を頻繁に使用するのが特徴です。1951年から1957年にLARRY RIVERSは彼の義母の肖像画シリーズを製作、そのうちの“Double Portrait Of Berdie.1955”の厳しく現実的な二重肖像画がよく知られています。